土地に関するご相談

鳥取県土地家屋調査士会HOME > 土地に関するご相談

こんな時は土地家屋調査士にご相談ください

土地を国や市町村より買受けたとき

未登記の廃止した道路や水路等の買受け申請をして自分のものになったとき、譲渡証明書を添付して、1か月内に「土地表題登記」の申請をします。

土地の表題登記

土地の表題登記とは、その物理的現況を土地の登記記録上に明確にする登記。公有水面埋立等で土地が新たに生した場合、その所有者は、その登記を1カ月以内に申請する義務を課されています。
この申請手続により、初めて土地の登記記録が開設されます。
また、従来から存する土地で未登記の土地(地番のない道路、水路等国有地の売払いを受けた場合等)についても、土地の表題登記に準じて、この登記申請を行います。

一筆の土地を数筆に分けたいとき

分割して売買するようなとき、調査・測量して1筆の土地を2筆または数筆に分割する「分筆登記」の申請をします。

土地の分筆登記

1筆として登記されている土地を数筆の土地として分割する登記の申請です。 この分筆の登記申請は、その申請義務はありません。なお、表題部に記載したる所有者または所有権の登記名義人からの申請であること要します。
また、所有者が2名 以上の場合は、その全員からの申請であること要します。

山林等を造成して宅地に変更したとき

山林や畑等であったところに家を建て宅地に変更したとき、つまり、土地の用途を変更したときは1ヶ月内に「地目変更登記」の申請をします。

土地の地目変更・地積更正登記

土地の登記記録上の表題部に変更があった場合、表題部に記載された所有者または所有権の登記名義人は、1カ月以内に土地の表示の変更の登記を申請する義務を課されています。
また、更正の登記の場合は、その申請義務を課してありませんが、それを発見したときから、すみやかに申請することが相当です。

登記記録の面積と実測の面積が違うとき

登記記録に記載されている面積(公簿面積)と実際に測量してもらった面積(実測面積)が違っている場合に「地積更正登記」の申請をします。

土地の地目変更・地積更正登記

土地の登記記録上の表題部に変更があった場合、表題部に記載された所有者または所有権の登記名義人は、1カ月以内に土地の表示の変更の登記を申請する義務を課されています。
また、更正の登記の場合は、その申請義務を課してありませんが、それを発見したときから、すみやかに申請することが相当です。

法務局の地図が誤っているとき

法務局に備え付けてある地図や、公図に誤りがあるときは 「地図訂正」の申出をします。

ページトップ